> GCOM NEWS

2007年8月22日(水)

ちゃんこ江戸沢全店再生!
〜人が変わる〜


「江戸沢全店舗再生」特集3は、「人」について特集致します。
今回のリニューアルオープンでは、新規採用スタッフはもちろんのこと、既存のスタッフに関しても1から研修を行ない、 理念の共有を図りました。オープニングマネージャーとして、15店舗の立ち上げを行なった蒲倉マネージャーが、 活動を通して変わっていく現場の様子をお伝えします。




「オープニングマネージャー」の業務は、店舗オープン前の約一週間店舗に入り込み、棚割りからPA研修まで、ノウハウの落とし込みと意識付けを行なうことです。成功の鍵は研修に入る前の全体ミーティングにあると言えます。
 スタッフ全員を集めた全体ミーティングでは、ジーコムグループにおける江戸沢の位置づけと、今回の全店舗リニューアルにかける想いを伝えます。そのうえで、当たり前のモラルを徹底し、店舗ごとにバラバラになってしまっていた基準を統一化致しました。例えば、シフト表の提出方法・まかないのルール・ズボンの色・髪の結い方等々、事細かなことをすべて統一しております。

 リニューアルオープン店舗では、既存と新規採用のスタッフが、全体で平均すると約半々います。既存のスタッフ達の多くは、詳細に渡るルールの厳守に対して、反発を覚えます。Aさんもまた、その1人でした。
 研修当初Aさんの髪は金髪。当然、金髪を直すよう指導しました。するとAさんは泣いてしまい、「ヤダ!もう辞める!」と言ってすぐ帰ってしまいました。ルール、やらなければならないことが増え、厳しくなることに対して、「何でここまでやらなきゃいけないの」という想いは、Aさんに限らずどこの店舗でも感じられました。
 しかし、先述の全体ミーティングや研修を通し、「なぜそこまでやらなければならないのか」を説明したうえで、「あなたを否定したり個性を潰したくて言っているわけじゃない。私たちが目指すお店のあるべき姿っていうのがあって、そのルールとして守って欲しいことを言っているだけだよ。それが嫌ならしょうがないけれど、こういうルールの中で楽しいってやってくれる人も全国にたくさんいるんだ。」と伝えました。後日、Aさんは私の所に来て「…やっぱりやります。」とお店に残ることを決めてくれました。その後、Aさんは髪の色を染め直し、私に「この色で大丈夫?」と聞いてきたり、「今の方が楽しい!」と言ったり、明らかに変りました。忘れられないのは、オープン初日にAさんがお母様を店舗に招待して、私を紹介し、お母様からも御礼の言葉をいただいたことです。
 現場では日々、このようなことが繰り返され、積み重なり、それが「江戸沢の復活」に繋がっているのだと思います。人を動かすためには、心を動かさなければ何も変りません。仕事を通じ、私も多くのことを学ばせていただいております。

 今回の全店舗リニューアルを通して、旧江戸沢社員の皆さんの「変化」を感じずにはいられませんでした。
 最初はどうしても受け入れがたい雰囲気を感じます。しかし研修や日々の会話を通して、目の色が変り、モチベーションが向上し、ジーコムグループの理念が浸透していくのを感じました。それは、清掃・朝礼・身だしなみといった当たり前のことを当たり前に管理していく姿勢、ジーコムグループの人事異動に関心を持つ等、細かなことです。
 今まで江戸沢を守っていらっしゃった方々と共に売上低迷の原因を考え、もう1度ゼロから新たにスタートを踏み出すこと。それが今回の私のミッションでしたが、結果、担当させていただいた北陸エリア15店舗は、AM、店長、関係者の皆様にご協力とご尽力いただいたことによりどこに行っても同じ商品クオリティ・同じオペレーション・同じ衛生状態に、仕組みとして維持できる体制を築くことができたのではないかと思います。その場しのぎの意識の変化であればまたすぐに元に戻るでしょう。本当の意味で意識改革がなされたのか、真の成果が問われるのはこれからだと思っております。

 

江戸沢に関するお問い合わせは・・・
03-3563-0832
株式会社グローバルアクト/江戸沢事業部
東京都中央区銀座1-15-2 銀座スイムビル4F 〒104-0061
FAX:03-3563-0833

COPYRIGHT 2007 G.COMMUNICATION GRP. ALL RIGHT RESERVED.